『学び合い』オススメの本

今から始めよう!『学び合い』ってどんなの?と言う方におすすめ

『学び合い』スタートブック  西川 純 [編]  学陽書房

 『学び合い』を今から始める方。『学び合い』ってどんなの?と言う方におすすめです。『学び合い』を実践してクラスがどのように変わっていったかの体験談をはじめ、『学び合い』の考え方から、具体的な授業づくりまで載っています。また、実践された方ならどなたでもぶち当たる壁に対する、トラブルシューティングも載っています。わたしも、悩んだらこの本を読み直しています。

 Amazonでの購入はこちら

どうやって始めたらいいの?いきなり始めるのは少し怖い。という方におすすめ

『学び合い』ステップアップ 西川 純 [編]  学陽書房

 『学び合い』をはじめたいけど、いきなりはじめるのは…。と言う方におすすめの本です。具体的な導入方法の紹介やコツが掲載されています。「スタートブック」が教育論的とすると、「ステップアップ」は授業方法論的な内容です。みなさんもご存じの通り、『学び合い』は、授業論ではなく教育論なので、個人的には「スタートアップ」を読んでから「ステップアップ」で具体的なイメージをもつことが必要だと思います。『学び合い』を始めたことに抱いた不安や疑問に対することもたくさん載っています。

Amazonでの購入はこちら

(まだ読んでいませんが)『学び合い』を学校で進めるためのエッセンス?

『学び合い』ジャンプアップ 西川 純 [編]  学陽書房

 佐賀県の学校で、他教科合同の『学び合い』を見たことがあります。ビデオですが、異学年合同の『学び合い』を行っているようすを見たこともあります。ある小学校では、小学1年生から6年生まで全員が体育館に集まり、それぞれの課題に取り組むといったことをやっています。わたしも、一度他教科と合同の『学び合い』を行ったことがあります。

 よく他学年の合同『学び合い』では、「先輩が後輩に教えるためにでしょ」と言われますが、私が合同『学び合い』を行った理由は、『学び合い』が円滑に行えていないクラスが、うまくいっているクラスのようすをみて学んでほしいということが一番の理由でした。他学年での『学び合い』でも同じだと思います。他学年の合同『学び合い』が行えれば、「一人も見捨てない」が、先輩から後輩へ受け継がれ、学校の伝統となり、学校が元気になていくのだと思います。

 この本は(きっと)1つのクラスだけにとどまらず、学校全体を変えていく『学び合い』について語られるのだと思います。

 (早速購入します!!)

Amazonでの購入はこちら

成功する『学び合い』はここが違う! 水落芳明・阿部隆幸[著] 学事出版

 水落先生の「目標と学習と評価の一体化」などについて詳しくわかりやすく書かれています。学級経営や授業デザインの視点から『学び合い』について捉えることができると思います。具体的な実践例等もあり、オススメです。

 

Amazonでの購入はこちら

『学び合い』に通ずるものがあります。

小学校6年生がつくった「最高のクラスのつくり方」

実際にあったことをもとに子どもの視点でつくられているので、子どもにもわかりやすく、読みやすいものです。教室に置いていると、手に取った生徒はじっくり読んでいます。

どの教室でも起こりえる内容だけに、「自分達で学級をつくり上げよう!」とする意欲や元気が沸いてきます。

教師にとっても子どもにとってもオススメです!

 

Amazanでの購入はこちら

お話にうかがいます!!

 今年の目標を達成するために、お話に伺います

 ここ数年、校内研究会を始めいろいろな学習会に参加させて頂き、『学び合い』についてお話しさせて頂いております。

 『学び合い』に基本的な考え方、具体的な授業例などご提案させて頂きます。

 校内研究会などのような全職員規模でなくとも、数名の有志の先生方と一緒に勉強できる会も大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

 ただし、私の専門教科は中学理科ですので、どうしても実践事例としては中学理科が中心となります。ご了承ください。

授業参観お待ちしています。

今年の目標を達成するために、授業公開をいたします。

普段、私が行っている授業でよろしければ、お気軽に参観してください。

ご希望の日時をお伝えください。

こちらより、ご連絡いたします。

参観のみでもお気軽にお問い合わせください。

時間割の変更等もありますので、ご了承ください。

★★★参観のご連絡はこちら★★★

すぐ実践できる!アクティブ・ラーニング 中学理科 発売中!!

発売中です!amazonの教育書、理科で第2位になりました!!日本中の3名の先生と書かせていただきました!!アクティブ・ラーニングは、子どもたちの人生を幸せにします。その方法を、1時間単位でも具体的に説明されています。授業づくりをベースに、教師がどのような視点をもつべきかわかる内容だと思います。学級、学年、学校が確実に変わります。アクティブ・ラーニング『学び合い』こそ、「人間味」のある教育です。

拡散希望!!

「いいね!」&「ツイート」お願いします!

現在の閲覧者数:

Total閲覧者数

manabiai-fukuoka.jimdo.com Blog Feed

初任者の方々に授業を参加頂きました。 (木, 14 9月 2017)
>> 続きを読む

第3学年1学期期末考査第1日目 (木, 22 6月 2017)
>> 続きを読む

心情面だけでなく実践力が育まれます! (月, 19 6月 2017)
>> 続きを読む

『学び合い』は誰一人見捨てません (木, 15 6月 2017)
>> 続きを読む

規格化しないことで、排除しない授業を! (水, 14 6月 2017)
>> 続きを読む

Find!アクティブ・ラーナーの撮影でした…。 (土, 22 4月 2017)
>> 続きを読む

エンカウンターで見えた学級力 (土, 25 2月 2017)
>> 続きを読む

見えない壁 (月, 06 2月 2017)
>> 続きを読む

朝一、教室で元気を得る取り組み開始!! (月, 23 1月 2017)
>> 続きを読む

わからないことを「わからない!」と言える集団づくり (土, 14 1月 2017)
>> 続きを読む

 

 

ご協力お願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ご注意>

本ホームページ上のキャラクター「まなぶんだもん」「おしえる梅」「わかった犬」、および授業記録での使用している写真について

 

 本ホームページで使用している「授業記録の写真」については、閲覧のみでお願いしたします。キャラクターは、『学び合い』福岡で制作、管理を行っております。さまざまな場面でご利用頂きたいと思いますが、無断でのご使用はご遠慮下さい。ご使用になる際は、『学び合い』福岡に、利用目的などを、お問い合わせフォームよりご一報頂きますよう宜しくお願いいたします。ご使用になる場合は、当HPへのリンクをお願いできると、うれしい限りです!!