『学び合い』Q&A

西川先生来校時の質疑より:一部(2013.10.3)

(アドバイス)

○ 導入時、板書や説明の時間が長すぎる!

  「板書する→書き写す」この時間がもったいない!確かに、学習内容を押さえるためには必要なことであ  るが、なるべく簡潔に!注意事項や伝えたいことは、プリントに書いて配付で十分ではないか?本当に  必要なことを精選し、導入は5分程度で!

 

○ 教師が課題をチェックしているが、チェックを受けるために並んでいる生徒にとって、並ぶ時間が無駄で

 ある。それだったら、模範解答を一部、教卓に置いておくだけで充分!

 

○ 週1回の異学年異教科『学び合い』を行うことで、『学び合い』の土壌ができます。ただし、その時は、 2学年では行わないこと。2学年の場合、上級学年が「お世話係」に徹してしまうからです。だから、3 学年合同『学び合い』がいい。特に、中学の場合、3年生の必死の姿を、2年生が見ることで、進路の意識 をもたせることができます。「学校全体が1つのチームであり、全校生徒が幸せになることを実現する」 意識ができると思います。

 

 

 

(質疑応答)

Q 遊ぶ子や一人ぼっちになる子が出るのではないかと不安です。

A 教師は、教師の意図と反する生徒に目がいきがちです。しかし、周囲の子にアプローチして、「共に高 め合うとはどういうことなのか?遊ぶ子をほったらかしていいのか、一人の子を作っていいのか、周囲の 生徒に語ることで無くなります。

 

Q 活動の終盤に、課題をクリアした生徒が大半を占め、できていない子が数名の場合、クリアした生徒が 手持ちぶさたになるのですが…。

A 「予習」を推奨しましょう!ただし、できていない子が見捨てられていないことを確認(生徒が)して からの予習です。さらに、「予習」をしてくることで、次の時間、できる子はできない子に関わる時間が 増えます。つまり、「予習は、自分のためにするものではなく、友だちの為に行うのです」。予習をして くる子を増やすには、予習をしてきた子を全体の前でほめる。「君は、みんなのことを思って予習をして きてくれたんだね」という具合に…。

 

Q 今、一斉授業をやっています。そこで、少しでも『学び合い』のテイストを授業に入れようと、「小先 生」(教師が指名した生徒が、教えに行く)を行っているのですが…。

A やめたほうがいいです。なぜならば、その子(小先生)が、教えられる側の子にとって、ベストな教え 手とは限らないからです。

 

Q 「一人も見捨てない」を分析する方法

A 十分とは言えないが、「得点分布」と「Q-U」で見てはどうでしょうか?あくまで、生徒の実態の一 部分しか見えないと思いますが、その一部分でも教師が分析して、自分の授業を振り返ることができると 思います。

 

Q 授業の中盤から、発展的な内容を議論する子どもたちが出てきました。素晴らしいことなので、推奨し たいのですが、子どもたちみんながそちらに偏ってしまうと、教えに行く子が減りそうなのですが…。

A 教師は、あくまでOUTPUTを評価すればいい。最終的な授業の目標は、「課題を全員が一人も見捨 てず克服すること」それさえ、できれば。それを、要求すればいい。

 

 

 

 

 

 

お話にうかがいます!!

 今年の目標を達成するために、お話に伺います

 ここ数年、校内研究会を始めいろいろな学習会に参加させて頂き、『学び合い』についてお話しさせて頂いております。

 『学び合い』に基本的な考え方、具体的な授業例などご提案させて頂きます。

 校内研究会などのような全職員規模でなくとも、数名の有志の先生方と一緒に勉強できる会も大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

 ただし、私の専門教科は中学理科ですので、どうしても実践事例としては中学理科が中心となります。ご了承ください。

授業参観お待ちしています。

今年の目標を達成するために、授業公開をいたします。

普段、私が行っている授業でよろしければ、お気軽に参観してください。

ご希望の日時をお伝えください。

こちらより、ご連絡いたします。

参観のみでもお気軽にお問い合わせください。

時間割の変更等もありますので、ご了承ください。

★★★参観のご連絡はこちら★★★

すぐ実践できる!アクティブ・ラーニング 中学理科 発売中!!

発売中です!amazonの教育書、理科で第2位になりました!!日本中の3名の先生と書かせていただきました!!アクティブ・ラーニングは、子どもたちの人生を幸せにします。その方法を、1時間単位でも具体的に説明されています。授業づくりをベースに、教師がどのような視点をもつべきかわかる内容だと思います。学級、学年、学校が確実に変わります。アクティブ・ラーニング『学び合い』こそ、「人間味」のある教育です。

拡散希望!!

「いいね!」&「ツイート」お願いします!

現在の閲覧者数:

Total閲覧者数

manabiai-fukuoka.jimdo.com Blog Feed

初任者の方々に授業を参加頂きました。 (木, 14 9月 2017)
>> 続きを読む

第3学年1学期期末考査第1日目 (木, 22 6月 2017)
>> 続きを読む

心情面だけでなく実践力が育まれます! (月, 19 6月 2017)
>> 続きを読む

『学び合い』は誰一人見捨てません (木, 15 6月 2017)
>> 続きを読む

規格化しないことで、排除しない授業を! (水, 14 6月 2017)
>> 続きを読む

Find!アクティブ・ラーナーの撮影でした…。 (土, 22 4月 2017)
>> 続きを読む

エンカウンターで見えた学級力 (土, 25 2月 2017)
>> 続きを読む

見えない壁 (月, 06 2月 2017)
>> 続きを読む

朝一、教室で元気を得る取り組み開始!! (月, 23 1月 2017)
>> 続きを読む

わからないことを「わからない!」と言える集団づくり (土, 14 1月 2017)
>> 続きを読む

 

 

ご協力お願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ご注意>

本ホームページ上のキャラクター「まなぶんだもん」「おしえる梅」「わかった犬」、および授業記録での使用している写真について

 

 本ホームページで使用している「授業記録の写真」については、閲覧のみでお願いしたします。キャラクターは、『学び合い』福岡で制作、管理を行っております。さまざまな場面でご利用頂きたいと思いますが、無断でのご使用はご遠慮下さい。ご使用になる際は、『学び合い』福岡に、利用目的などを、お問い合わせフォームよりご一報頂きますよう宜しくお願いいたします。ご使用になる場合は、当HPへのリンクをお願いできると、うれしい限りです!!